<八王子市の夏の花>(その2)

◎ トチバニンジン(栃葉人参)

トチバニンジンはウコギ科トチバニンジン属の多年草で山地の林内に生える。花期は6~8月で掌状複葉の中心から1本の茎を出し球状の散開花序に黄緑色の小さな花を多数つける。

◎ オオカナダモ(大カナダ藻)スイレン(睡蓮)

オオカナダモはトチカガミ科オオカナダモ亜科の多年草でアルゼンチン原産の帰化植物。河川や湖沼に広く繁茂し常緑の沈水植物です。花期は6~10月で雌雄異株だが日本には雄株しか帰化していない。

 

スイレンはスイレン科・属の多年草で花期は6~9月。花は白色か紅色。外来種が野生化したものだが、花は未の刻(午後2時)頃に咲くため、ヒツジグサ(未草)ともいわれる。

◎ ヤブカラシ(藪枯らし)、ノブドウ(野葡萄)

ヤブカラシはブドウ科ヤブカラシ属のつる性多年草で、畠や藪、荒れ地などに生え成長力が強く藪を枯らすほど繁殖するため名付けられた。そのため別名貧乏蔓ともいわれ嫌われる。花期は6~8月で朝開花し雄蕊と緑色の花弁は午前中に落ちる。染色体は3倍体がほとんどで種のできる2倍体の株は少ない。

 

ノブドウはブドウ科ノブドウ属で山野に生える落葉つる性木本。茎は毎年枯れる蛾基部は残り成長する。花期は7~8月で花は黄色い雄蕊と緑色の花弁が早く落ちるため完全な花を見つけるのが難しい。果実は紫色や青色に変化する。

 ヤブコウジ(藪柑子、別名十両(ジュウリョウ))、参考:カラタチバナの果実(別名:百両、上高地岳沢登山道産)、センリョウ(千両:庭木)、マンリョウ(万両:庭木)

ヤブコウジはヤブコウジ科・属の常緑低木で別名十両とも言います。7~8月頃林の下で小さな株に咲く花は小さくて下向きに咲くので目立ちませんが、実は赤く万両、千両と共に正月の飾りとして使用されます。


カラタチバナ(別名:百両)はヤブコウジ科・属の常緑小低木。日本に自生するのに唐橘と名付けられた理由は不明。上高地岳沢登山道産ですが参考のため掲載しました。


センリョウ(千両)はセンリョウ科・属の常緑小低木。伊豆半島以南に自生するが、この写真は庭木。参考に掲載しました。

 

マンリョウはヤブコウジ科・属の常緑低木で関東以西の常緑樹林内に生える。この写真は自生ではなく庭木です。十両(ヤブコウジ)との比較のため掲載しました。

 

なお、関東以西の林内に生えるアカネ科のアリドオシ(イチリョウ(一両))を捜索中です。

◎ メリケンムグラ(米利堅葎)

メリケンムグラはアカネ科オオフタバムグラ属で北アメリカ原産の帰化植物。花期は8~9月の1年草でやや湿った場所に生育し、基部から基部から四方にマット状に広がる。最初、岡山県で見つかり東海以西に生育するといわれるが、八王子にもありました。

◎ ヤマトラノオ(山虎の尾)

ヤマトラノオはオオバコ科ルリトラノオ属の多年草で、山地の明るい草原などに生える。8月5日に撮影した時は白色でしたが、8月28日に撮影した時は青紫色でした。同じ花の色が変化したと思われます。

◎ オオヤマハコベ(大山繁縷)、ナンバンハコベ(南蛮繁縷)

オオヤマハコベはナデシコ科ハコベ属の多年草で花期は8~10月。山地の湿った林内などに生え、径2cmぐらいの小さな白い花を疎らにつける。

 

ナンバンハコベはナデシコ科マンテマ属のつる性多年草で山野に生える。花期は6~10月で、花の咲き始めは普通のハコベに似るが果実が大きくなり始めると花弁、雄蕊、萼片が非常にに大きくなり繁縷とは思えなくなる。名前に南蛮と付くが日本の在来種です。

◎ イタドリ(虎杖)(別名:スカンポ)

イタドリはタデ科ソバカズラ属の多年草で山野に生え花期は7~10月。別名スカンポといわれ春に出る筍に似た若芽は水分が多く生食できる。

◎ ウド(独活)

ウドはウコギ科タラノキ属の多年草で山野に生え花期は8~9月。「ウドの大木」とは茎が固く2~3mと大きくなっても役に立たないこのウドのようだということ。

What's New

サイトマップは各ページの左下にあります。

 

ホーム以外で、ギャラリーの写真をクリックすると拡大します。拡大写真の中央部左右にカーソルを置くと出てくる<、>印をクリックすると左右に移動します。

また、拡大写真の右上の矢印をクリックするとスライドショーになり、自動的に動きます。

 

拡大写真とスライドショーでは下にタイトルが出ます。